, 人は変れる「私の体験談」 | 自分らしさに出会う時
「自分はここにいちゃいけない」その心理は…
女性 Eさん
あなたは変るビリーフチェンジ私の体験談

1.セッションを受けるキッカケは何でしたか?
 

会社の人間関係に悩んで仕事をやめる状態まで追い込まれました。

人間関係が苦手な私を誘ってくれる人がいましたが、

「自分はそこにいてはいけない・・・」気がして、
息苦しさを感じる自分がいました。
 
人の好意が受け取りにくい自分がおかしくも感じました。

また、買い物をしても満足出来ず、、次々と買っていました。

買った服が全部似合わなくて、結局着る事がなかったです。。

勉強も人からの「スゴイ!!」という言葉が欲しくて、朝晩やっていたら
結局は、倒れてしまい会社を休むところまでいきました。

「もうイヤだ!」 「もう、たくさん!」
 

2.今回取り組んだのは、どのような悩みや問題でしたか?
音に敏感で、大きな音がすると身体全体に衝撃が走り、すごく悲しい気持ちになる事を治したかった。

人が恐くて、人と繋がれない。
ビクビク・オドオドしているので、怒られることが多い。

バカにされやすい。

年齢のわりに幼稚で子供っぽく年齢相応に見られたかった。

 

3.セッションを受けた感想

セッションを受けている時は、自分は小さな女の子に戻っていました。

椅子に座っている相手は私の父親です。

小さな私は恐さのあまり固まって動けない、、動かない状態でした。
そこには現在の自分の意識もあります。

現在の私は、父親を冷静に見ていて、
父親として人間として「この人ないなー」と。

お酒を飲んで興奮して大きな音を立てて怒っている父親に対して、
桂生子先生が止めに入ったとたん、私の中で、
はじける感じがし、涙が滝のように吹き出してきました。

その時に「感じないようにしていたんだ!」とわかり、
自分が可哀想に感じました。
それと同時に「恐い」という感情もあり、
先生が「そのまま感じていいよ」と言われた時、呼吸が過呼吸状態になり、
落ち着くまでに時間が少しかかりました。

「すごいことが自分の中で起っていたんだ」と思いました。
 

 

4.ビリーフチェンジを受けた直後の感想をお願いします。
 

1番に桂生子先生に「目が落ち着きましたね」と言われました。

目が意識しなくてもクルクル動いていて落ち着きがない状態だったのが、

目が安定し対置で定まった状態に変化しました。
他の人に印象を聞いてみると、
目を合わせてくれるから、話を聞いてもらえてる気がすると言われました。

 

5.その後どのような事が変化しましたか?気づいた事や変化したこと、

今後への期待など教えてください。
何もしないでぼんやりしているときに、
すごく満たされている自分を感じることが多くなりました。


前は人に何か言われたことに対して、
激しい怒りや落ち込みを感じていましたが
あまり怒らなくなり、「別の見方ができるかも・・・」の方に
変化してきました。

音に対しては、身体全体で反応していたのが、
音が聞こえてるな、、、という、耳だけになりました。

今までムリかなと感じていたことに対して、

少しずつ興味を持って工夫している自分がいます。
少しずつ人間関係が良くなっているので
行動をこれからは広げていきます。


Eさん貴重な感想を本当にありがとうございます。


 

育った環境・生い立ちは、

人生脚本に大きく影響します。

過去の出来事、もちろん両親を変えることはできません。
しかし、あなたの心の中に刷り込まれている強い強い思いを
書き換えることができます。

・「頑張らないとダメ!強くならないとダメだ!」と
自分に罪悪感をもっている。
・人の評価、人からどう見られているかが気になるあなた。
・「自分なんて居なくてもいい」と思っている。
・「見離され不安」がある。
・なぜか怒りがとまらない。
・自分は愛される価値がないと思っている。
・親に依存しながらも親から離れられない。
・感情を出せない。。
・人を信じられない。
などなど


身体中にブロックして溜めこんでいる怒りや悲しみを
はずしてもっと楽になりましょう。

幼少時にできたリミッティング・ビリーフをより良いものに
書換えするお手伝いをしています↓
「マインドクリエーター桂生子の個人セッション」
ビリーフチェンジセラピーとは:
リバウンドのないセラピー人生を家に例えると、
リフォームじゃない!新築工事。
幼少期に築かれた土台(基礎部)をチェンジするセラピーです。
もっと詳しく→
セラピストと気軽にお話しませんか?無料
お問合せ・予約フォーム
posted by: マインドクリエーター桂生子 | 人は変れる「私の体験談」 | 12:12 | comments(0) | - |
自分らしい生き方を新たに選択することができました!
自分を認められるためにはどうしたらいいのか?
いつしか男性のように姿も考え方もなっていた女性のお話です。

彼女は自分を表現するためにはどうしたらいいか?
彼女のとった行動は
目に見えない力を得ようと

宗教団体に入り自己破壊を起こしてしまったのです。

まさか?!そんなことになるなんて!

大きく成長した自分を親に認めてもらえるはずだったのに。。


「こんな自分は、だれのせいでこうなったか?
それは両親のせいだ!」
この責任をとるのは両親なのだ!

こう心の中に記憶刷り込みをした彼女は、様々な依存を繰り返し、、
人生の20代半ばから転落したかの様な生き方になってしまったのです。

 
原因は幼少期にあったのです。

 
女性 Yさん
あなたは変るビリーフチェンジ私の体験談

1.セッションを受けるキッカケは何でしたか?

前回の家族との問題についてのセッションを受けて、
男の子でなくても良いことにOKサインを出すことができて、
自分の心の中の大きな『重し』みたいなものがなくなって、
心が軽くなったので、今度は生まれてきたことへの意味合いをきちんとするために
生存のセッションを受けました。

2.今回取り組んだのは、どのような悩みや問題でしたか?

特に幼少期に聞かされていた母のグチとも言える

『あなたが男だったら』を聞くたびに
男でなければ生まれてこなければ良かったんでは??、

なんで両親のところへと生まれたのかわからないし、
いっそ(母親に)殺されていた方が嫌なグチを聞く私にしろ、
父に非難され続けていた母親にしろ精神的に楽だったのではないのだろうか??

  

また今でこそ、超音波診断で胎内にいるときに
男か女の子かわかってしまうことを考えると、
女の子であることが早い時期にわかってしまっていたらどうしていたのか?

  

等々自分自身や両親の思いと違って、
未熟児であり望まれない状態で生まれた赤ん坊が、40才を過ぎても、

『男の子だったら

の思いに縛られたまま生きているのが苦しくて、
改めてこれから【第2の人生】をやり直すためにも生まれた時点に戻って
自分が生まれてきたことに対してOKを出してあげないと、

誰のために生まれてきたのかわからなくなりそうに思えたからでした。
 

3.セッションを受けた感想

父も母もとにかく男の子でありますように
との一念でいるように見えました。


かといって、

父は子供に対してどのように接したらいいのかわからなさそうでした。

母は男の子ならベストだけど、女の子でも無事に生まれさえすればいいんじゃない。
赤ちゃんを授かった頃には二人はこんなふうに私からは思えました。
 

6ヶ月を過ぎた頃から、母は切迫流産の恐れあり、
ということで入院・絶対安静の母体になりました。

母は自信を失っていました。

未熟児なんて無事に大きくなるかわからない、

まして女の子だったりしたら

父の思いとは全く逆のように思えたのでしょう、
生まれてきた後のことを心配しているようでした。


父はなんで、絶対安静にしてまで子供と母体を守ることの意味を
しっかりとわかっていない、わかろうとせずに逃げているようでした。

そんな二人を観ている私は、
とてもこの二人に赤ん坊の自分を預けることはできない、
そう思えました。

母の様子を見に来る祖父母達は生まれてきてくれて、

大きくなってくれれば、

男とか女とかは二の次じゃ!!

そんな思いでいるようにおなかの中の私は感じていました。

祖父母の考えが一番まともに思えましたが、赤ちゃんとして生まれてきたときに、
両親がいるのに祖父母のもとで育ててもらうのもおかしいことだし、
かといって自信を持って育て上げてやるぞ!とは思っていない両親のところで
育てられるのも嫌な感じがしてきました。

何とか8ヶ月で未熟児として母のお腹から出てきて、
即座に保育器の中に移されました。
しばらくは母も父も新生児室の部屋の窓から私の入っている保育器を見守るしか、
することは何もありません。

   

二人とも、これからどうなっていくのかわからないまま、
不安そうでした。

「なんでしっかりこの状況で二人(両親)で力を合わせて育てようとせんの!!!」


「私なんかどうなってもいいんじゃなあ!!」 
 

「バカ野郎、そんな考えなら親なんか、やめちまえ!!」


なんて思いながら、この気持ちを二人にぶつけました。

なんども感情を打つけるように出しながら(そんな親を持った自分に対しても)

泣けました。

  

保育器から出た自分自身を、床の上に置かれた場面になりました。

父も母も育ててはくれないのを赤ん坊の私も、

今の私もわかっています。

じゃあ、いったい誰がまず冷たい床の上から抱きかかえてくれるの?

面倒みるのは誰? まず抱き留めてあげる人は誰?

桂生子先生の言葉に対して、私しかいないと頭ではわかっているものの、
抱き上げてあげる自信が今の自分にも最初はありませんでした。


「抱いてあげるのは私、わかっちゃいるんだけど

早く抱き留めてあげないと、冷たくなってしんじゃうよ!

親には無理なんでしょ!!

誰が抱いてあげるの!!

そう、自分が抱きしめてあげるしかないよ!

はやくしないと!!
 

死んでしまっていいの!

自分で自分を育てるなんてあり得ないじゃん!

普通なら自分じゃなくて両親でしょうに

でも、あの二人は子育てを手放したじゃろ



残っているのは誰?!

  

自分しか残っていませんでした。 




そう、自分しか



やっとの思いで、両手を差し出して、
赤ん坊の自分をしっかりと抱きしめました。

暖かい腕の中に、やっと受け止めてもらえた赤ん坊はうれしそうでした。

抱き留めれた今の自分自身もうれしかった

やっとお互いに生きていることを
認め合うことができた気がしました。

  

 

4.ビリーフチェンジを受けた直後の感想をお願いします。
 

これまでの人生、うまくいったことも、いかなかったことも
全て親のせいにしてきたけれど、
本当は自分のせいでそうなったこともたくさんあったことに気付きました。

 

これからは、本当の意味で自分でしっかりと自分の足元を踏みしめて、
確かめて自分で作る『第2の人生』を歩んでいく自信がつきました。

生き直すこれからが、本当に楽しみです。
 

5.その後どのような事が変化しましたか?気づいた事や変化したこと、
今後への期待など教えてください。


セッションから1ヶ月以上立ちましたが、
その間滅多に話しかけてきたりすることのなかった母親が、
ほぼ毎日のように寝る前に声をかけに私の部屋に来ます。

セッションの前なら、ウザいと思っていたであろうことですが、
今なら聞く耳をもって話を聞き、ちょっとだけ1対1の関係であるように
私の内面が変わったこに気付いているかのような変化があり驚いています。

もっと若い時に、こんなセッションを受けられていたら
私の人生はどんなに変わっていたか!と思いました。

桂生子先生、ありがとうございました。



 

Yさん貴重な感想を本当にありがとうございます。
 
Yさんは、このビリーフチェンジセラピーを受けた直後より、
目元が優しい女性に様変わりしました。
スゴいことです。
以前の彼女を知る方々が、
「キレイになった!変ったね」と口を揃えて言います。
私が見ても、変ったなーと思います。
見た目にもこんなにも変るものなんですね。

最近スカートをはいてる痩せてキレイになった
彼女を見ました!(驚)

すごーい!!

心療内科に長年通って薬を飲んでおられました。
今では、薬も減り快方へとグイグイ進んでおられるようです。
本当によかったです。
私も大変嬉しいです。

人が喜んでリスタートを切っていらっしゃるのをみて
自分のことのように喜べる。。こんな人生ってありだなぁ。。と

 
更なる喜びを重ねていけるよう
私も成長してまいりたいと思います。

 

 

育った環境・生い立ちは、

人生脚本に大きく影響します。

過去の出来事、もちろん両親を変えることはできません。
しかし、あなたの心の中に刷り込まれている強い強い思いを
書き換えることができます。

・「頑張らないとダメ!強くならないとダメだ!」と
自分に罪悪感をもっている。
・人の評価、人からどう見られているかが気になるあなた。
・「自分なんて居なくてもいい」と思っている。
・「見離され不安」がある。
・なぜか怒りがとまらない。
・自分は愛される価値がないと思っている。
・親に依存しながらも親から離れられない。
・感情を出せない。。
・人を信じられない。
などなど


身体中にブロックして溜めこんでいる怒りや悲しみを
はずしてもっと楽になりましょう。

幼少時にできたリミッティング・ビリーフをより良いものに
書換えするお手伝いをしています↓
「マインドクリエーター桂生子の個人セッション」
ビリーフチェンジセラピーとは:
リバウンドのないセラピー人生を家に例えると、
リフォームじゃない!新築工事。
幼少期に築かれた土台(基礎部)をチェンジするセラピーです。
もっと詳しく→
セラピストと気軽にお話しませんか?無料
お問合せ・予約フォーム
posted by: マインドクリエーター桂生子 | 人は変れる「私の体験談」 | 18:34 | comments(0) | - |
私のことなんて愛してくれるはずはない!
巷で言う“おひとりさま”が出来ない私。

一人になるのが不安。。
放っとかれるのはイヤ!

人からの愛情や、温かさを求め続けて
20年。。
けっして温かさや愛情を感じることはなく、
いつも自分の周りから人が居なくなってしまわないように、
努力し続けている女性の愛着セッション体験談です。


女性 Mさん
あなたは変るビリーフチェンジ私の体験談

今回で5回目のセラピーです。

いよいよ・・・「愛着障害」のセッションを決心しました。

セッションが始まると母親がでてきました。
相変わらずふてくされた表情です。
「私って、つくづく母親がニコニコしている笑顔を見たことがないんだ・・・」と思いながら、
セッションが進んで来ると無性に母親が怖くなってきました。

本当は、もっとかまって欲しかったし、私を見て欲しい、、
母親の服の裾を引っ張る自分を思い出したとたん、

母親に手で振り切られたんです

「コワイ!!」

この瞬間
「パチン!!」と桂生子先生が椅子を叩くと、フリーズ状態になり、
呼吸も止まった様なとてもきつい状態に、、

「母親が怖い」と思いつつも「もっとかまって欲しかった・・・」
という相反する気持ち。
そして桂生子先生が「感情を出していいよ。泣いていいよ。。」と
言ってくださり

「泣いていいんだ・・・」と思うと、後から後から
涙があふれ出してきて止まらなくなりました。

最後は鼻まで詰まってしまい、ようやく涙が止まったのでした(笑)

「泣くこと」=「弱いこと」として母親から怒られるので、
ものすごく感情を押し殺していたんだなぁ。。。と思いました。

後半、理想の母親に私が今まで手に入らなかった「私を甘えさせてくれる母親」です。
そして、もう一人の私が出てきました。

「バカじゃないの!あんたが欲しいものなんて、くれるわけないじゃん!無理、無理。」

と繰り返し言ってきます。

「今、今これをつかみ取らないと、一生後悔する!」

と思いうるさい!!」と私が言うと、
もう一人の私はとても驚いた顔をして消えていきました。



私が小さい頃一番して欲しかった「頭なでなで」をしてもいらい
抱きしめられると

「温かいなぁ・・・女性ってこんなに柔らかいものなんだ・・・」


と心も身体も感じて身をゆだねていると
ついウトウトと眠くなってきました。

桂生子先生に声をかけられて、我に返りました。
「あ、いかんいかん時間だわ..もう少しこのままでいたかったなぁ〜」と
抱きしめられる時間は終了しました。
セラピー終了後、身体全体が温かく感じました。
この日一日は頭がぼ〜とぃていました。
そしてまた仕事に忙殺される日々が続いています。
余談ですが、、、
このセラピーを取り組み始めて、今までにない体調の悪さを感じています。
会社も休みがちで、私にとっては体調不良のきかんが長いことは初めてだったので、
誰に相談しても「年だから、更年期障害だろう」と言われ、お医者さんに聞いても明確な答えはなく、
一人で悩んでいたしまた。
思いきって直秀先生と桂生子先生におうかがいすると、「毒だし期間」、「好転反応」らしく、
私の場合は、体調不良というカタチで出たようです。
いつまで体調不良が続くかわかりませんが、春ぐらいには良くなればいいかなと思っています。
また、前回のセラピーで「不適切な関係」を続けていた彼が、
「私をご飯に連れいく」時は彼の奥様が勤めているマク○ナルドで、
しかも割引券が使える食べ物しかおごってもらえず、
それだけ「お手軽でファストフード」扱いだったことが今になって理解出来ました。
とてもショックです!

「自分を大切に扱わないといけない!」ということを痛感しました。

 

Mさん、貴重な感想ありがとうございます。
いつの頃からか心のどこかに

「最後には一人ぼっちになってしまうんじゃないか。」

「人から見捨てられるんじゃないか?」と不安をいつも持ってしまう。

そして、見捨てられないような努力をし続けて頑張る。。
「私は幸せになる価値がないんじゃないか。。」と信じている。
 
相手に確認すらできないまま、
ついつい不適切な関係を続けてしまう。
結婚する予定もなく、本当にその相手を
愛しているのかどうかもわからないまま、、
でも、彼の好きなんだけど。。
彼を失うのが怖いようにもおもえて。。

こうして、ご自身の安心バランスとっていたのかと思います。
安心しそうで安心出来ない関係。
「人」という字は支え合う関係だという話をききますが、
本来は人、それぞれが自立している事が大切かと思うのです。
その上で必要な時にしっかり支え合える関係。。
自立できている相手に寄りかかるのは、安心ですよね。

今回は
愛着のセッションをしました。
愛着とは3才未満の幼少期に、母親からのみ得られる愛情体験
母親からだっこされるなど、スキンシップから安心感、人の温かさを体感するものです。
この大切な期間に下記の様な事態が起り、愛着を受け取りそこねた方にこのセッションを行います。

原因
●親から愛情を与えられなかった
●親に愛情を求めたら拒絶された
●親から放置、無視をされた
●親から虐待された

悩ましい状態

●見捨てられ不安 愛情のぬくもり、温かさを感じられない
●愛されているという感覚がない
●相手の愛情を疑ってしまう
●人を愛するのが恐い 「私のことを愛してくれる人なんかいない」と思っている
●嫉妬心、独占欲が強い
●目に見えない愛情を信じない代わりに、電話やメールの回数、プレゼントの金額等、目に見えるものにだけ頼って愛情のありなしを判断し、そうしたものを執拗に追い求める 「あれをしてくれない。これをしてくれない(だから愛してくれていない)」と執拗に訴える 「まだ欲しい。いつまでも欲しい」と求め続けて、それでいて決して満足しない(応じないとリストカットしたり、自殺をほのめかすことも・・・)
●配偶者や恋人への暴力(男女とも)
●パーソナリティ障害全般(10つ)
●対人恐怖症
●摂食障害



育った環境・生い立ちは、
人生脚本に大きく影響します。

過去の出来事、もちろん両親を変えることはできません。
しかし、あなたの心の中に刷り込まれている強い強い思いを
書き換えることができます。

・「頑張らないとダメ!強くならないとダメだ!」と
自分に罪悪感をもっている。
・人の評価、人からどう見られているかが気になるあなた。
・「自分なんて居なくてもいい」と思っている。
・「見離され不安」がある。
・なぜか怒りがとまらない。
・自分は愛される価値がないと思っている。
・親に依存しながらも親から離れられない。
・感情を出せない。。
・人を信じられない。
などなど

身体中にブロックして溜めこんでいる怒りや悲しみを
はずしてもっと楽になりましょう。

幼少時にできたリミッティング・ビリーフをより良いものに
書換えするお手伝いをしています↓
「マインドクリエーター桂生子の個人セッション」
セラピストと気軽にお話しませんか?無料
お問合せ・予約フォーム
続きを読む >>
posted by: マインドクリエーター桂生子 | 人は変れる「私の体験談」 | 23:32 | comments(0) | - |
NOが言えない!人から嫌われないか怖い!
何でも抱え込んでしまうMさんは、
誰からも頼まれやすい存在なんだそうだ。

相手の困った姿を見ると放っとけない優しい性格とも言える。
「どうにかすれば出来るはず!」「なせばなる!」この言葉を
頭の中で響かせながら、出来ないことでも出来るようにスペースを
無理に作ってしまうことで、オーバーワークになることが増加。。
いつ頑張るブレーカーが落ちてしまいやしないかと不安だったそうです。
その上、人から嫌われることが怖くて長年「何でも抱え込む」ようになった
Mさんのビリーフチェンジの感想です。


Mさん30代男性の感想
あなたは変るビリーフチェンジ私の体験談


 
1.セッションを受けるキッカケは何でしたか?
しんどさが強かった時に、職場の人からのオススメがあった。
少しでも楽になれば、言う思いからセッションを希望しました。



2.今回取り組んだのは、どのような悩みや問題でしたか?

仕事がどんどん積もっていき、自分の中でしんどさが限界だった。
イヤと言えない自分を変えたかった。変わりたかった。


3.セッションを受けた感想

親の意識の有無に関わらず、自分が抑圧されていたことに気づいた。
今まで自分の怒り?反抗?の表現ができなかった。
それを表現できて、ひっかかっていたものが取れたような感じ。


4.ビリーフチェンジを受けた直後の感想をお願いします。

今までムダな力が入っていたんだな。
顔の緊張が取れた。
ムリに笑顔を作ってたんだな。


5.その後どのような事が変化しましたか?
気づいた事や変化したこと、今後への期待など教えてください。

今までとちがうやり方(生き方)を学べた。
怒りを表出していいんだ、と学べた。
ちなみに初日の感想です。
 
愛想笑いをしている自分を、第三者的に見るような感じがあった。
ハッとして力を抜こうと思えた。
上司(問題の人ではない方)から注意を受けた。
今までならいつまでも引きずって落ち込んでいただろうが、
けっこう冷静に自分を見れた気がする。 


 
貴重な感想ありがとうございます。
 
「どうにかすれば出来るはず!」「なせばなる!」この言葉を
頭の中で響かせながら、出来ないことでも出来るようにスペースを
無理に作ってしまうことで、オーバーワークになることが増加。。
この声の主は父親でした。
このセッションを通して彼のリミッティング・ビリーフ(否定的な思い込み)が見つかりました。
それは、幼少期のMくんの「父からの期待に応える」ことでした。
親の満足感が自分の喜びだと捉えたMくんは、親が怒る顔が最高に怖くて嫌でした。
ゆえに、親が喜ぶためなら、、と
自分が本当に望んでいないことでも、父のために頑張り続けていたのです。
こうしておけば怒られずに済むからです。

子供は、親の喜ぶ顔が大好きなものです。
親のためなら、頑張る!強くなる!あきらめない!こうした
小さい頃に出来たビリーフは、小さい頃の家族間では、大いに役立ったのかもしれません。
しかし、大人になった今でもこのビリーフを持ち続けて生きることは、辛くなることもあるものです。
彼のビリーフは、小さい頃から親の感情の面倒を見る大人の様な視点を持つことから起きる
父親の言いなりになることで=父親を喜ばす。このビリーフを新たにチェンジしました。
言いなりになっていたMくんは、新たに
「もう、僕は言いなりになりません!自分で決めていきます!」

その後、愛想笑いをしていた自分の頬が、ふわっと軽くなるのを感じたそうです。
そし、自分の中に怒りの感情が隠れていたことに気づいたそうです。

怒りは、暴力と勘違いしている人が多いものです、
本当は自分を守る、家族を守るために自己防衛なのです。
ノーと言えることで大切なことなんですよね。


断りたい時は「ノー!NO」と声に出して言えるようなってくださいね。
 

 
育った環境・生い立ちは、
人生脚本に大きく影響します。


過去の出来事、もちろん両親を変えることはできません。
しかし、あなたの心の中に刷り込まれている強い強い思いを
書き換えることができます。

・「頑張らないとダメ!強くならないとダメだ!」と
自分に罪悪感をもっている。
・人の評価、人からどう見られているかが気になるあなた。
・「自分なんて居なくてもいい」と思っている。
・「見離され不安」がある。
・なぜか怒りがとまらない。
・自分は愛される価値がないと思っている。
・親に依存しながらも親から離れられない。
・感情を出せない。。
・人を信じられない。
などなど

身体中にブロックして溜めこんでいる怒りや悲しみを
はずしてもっと楽になりましょう。

幼少時にできたリミッティング・ビリーフをより良いものに
書換えするお手伝いをしています↓
「マインドクリエーター桂生子の個人セッション」
posted by: マインドクリエーター桂生子 | 人は変れる「私の体験談」 | 23:17 | comments(0) | - |
「しょうがない」我慢することで感情を止めました。
自分は、怒ってるつもりはないのに、
どこか人に対して権威的な態度がでてしまうんです。

その怒りの発端は父からの暴力でした。

どうにもならないし、仕方ないな。。
と諦めてしまう時、その態度が出てくるんです。という悩みをお持ちの
30代のKさんは、その時、びくびくした小さな女の子になっていました。
そんな彼女の人生は、「しょうがないな。。」と不本意な出来事も受け入れながら、
本当の感情を出すこともせず、数十年もの間、怒りを溜めていたのです。

 
Kさん30代の感想
あなたは変るビリーフチェンジ私の体験談


 
1.セッションを受けるキッカケは何でしたか?
 
・「怒り」の感情を自分自身で処理しきれず、どうしようもなかったから。
・親との関係が原因で、人との関わりに悪影響が出ていることは自分でも分かっていて、
 そのことに関して長年苦しんできたから。
・どんなことが原因となっているのかをセッションを通して知り、解決したいと思ったから。

2.今回取り組んだのは、どのような悩みや問題でしたか?

「しょうがない。。」と、どこか諦める気持ちをもってしまうことで、本当の自分の感情が
何処かへ抜けてしまうかのような感覚を持っていたことから、
カウンセリングしていくうち、父親から受けて来た暴力について
自分の感情がよく分からない、自分の感情を感じられないことが問題であることにあたった。


3.セッションを受けた感想

父親から受けて来た暴力に関して、実際にセッションの中でその時に似た状況を先生によって再現されました。
びっくりして耳を塞ぎ、涙が溢れ出して来ました。今まで感じないようにしてきた「怖い」という感情が、
一気に溢れ出して来たのだと思います(その瞬間には、まだそれが「怖い」という感情だとは理解できていなかったですが)。
先生に「そのまま感情を感じて、自分の感情にOKを出して」と言われ、しばらく先生に抱きしめられながら泣き、
落ち着くまで見守ってもらいました。
その後、父親からされていたことを自分がどのように受け取っていたのか、
また、父親はどういうつもりで私に暴力を振るっていたのか、それぞれれの立場に立って考えていきました。
そして、それらを理解した上で、自分で「幼い頃の恐怖を感じていた自分」を受け止め、
安心させることができたと思います。


4.ビリーフチェンジを受けた直後の感想をお願いします。

父親の状況を理解して、ただただ「へぇ〜」と思ったのと、
受けて来た暴力がPTSDになっていたということへの驚き。
自分の感情を無意識に感じなくしてしまうほどの問題であるとは気づいていませんでした。



5.その後どのような事が変化しましたか?
気づいた事や変化したこと、今後への期待など教えてください。

・その後のセッションの中で、自分の気持ちがよく分かり、表出できるようになった。

・対人関係において「あの時私怖かったんだ」ということが感じられるようになった。

・人に対する恐怖心が減り、これまで苦手だなぁと思っていた人に対して何も思わなくなった。

・セッションを受けるまでは、何かズーンとした重たいものを背負い、
 暗くて薄い膜のようなものが目の前に張っていて、それを通して周りのことをみているようなイメージだったが、
 セッション後はそれが取れて、周りを見る目が明るくなり、とても楽になった。
 そのお陰か、身体が少し軽くなった。

・そして、今回のセッションに関係あるかは分かりませんが、
 冬場になると必ず目の下がピクピクけいれんしていて、年々ひどくなっていたのが、
 このセッションをきっかけにほとんど出なくなった。

・まだまだ自分の感情にうとい部分があるので、今後は自分自身の気持ちと向き合い、
 どんど感じていきたいと思います。


 
貴重な感想ありがとうございます。
原因は父からの暴力(虐待)によって、幼い女の子はあまりの恐さに感情を出すことが
できなくなることからでした。例えば「怖い」という感情を体感することは、とても恐ろしく怖いから、
無かったことにして、その代わり頭で思考することに切り替えて、自己コントロールしていたことでした。
それによって、本当の感情を感じることができず、ただただ無意識に我慢することで、いつしか大きな怒りへと
発展したのだと思います。それは、実際に人と話をしていてもうまく言葉のキャッチボールができないことへとなり
人間関係のゆがみへと繋がっていたのかもしれません。
今回は、父親からの虐待による「恐い」という感情をPTSDとして扱い感情処理をしています。
また、幼少時に刷り込んだリミッティング・ビリーフの「感情を感じてはいけない」を扱いました。
「自分は怖かった!」ことを体感させ、感情を感じることへの許可を出すよう書き換え(チェンジ)しています。

怖い感覚が無くなると、職場でも感情を抑えることがなく怒りも消えます。
今度からは感情を自然に出していかれることすね。

本当の自分らしさを手に入れたKさん。
一歩づつ、確実にあなたらしい人生を歩んで行きましょう。
応援しています。

セッション受けてくださいりありがとうございます。



 
あなたもビリーフチェンジで、第二の人生を始めませんか?!

PTSD=心的外傷後ストレス障害



育った環境・生い立ちは、
人生脚本に大きく影響します。


過去の出来事、もちろん両親を変えることはできません。
しかし、あなたの心の中に刷り込まれている強い強い思いを
書き換えることができます。

・「頑張らないとダメ!強くならないとダメだ!」と
自分に罪悪感をもっている。
・人の評価、人からどう見られているかが気になるあなた。
・「自分なんて居なくてもいい」と思っている。
・「見離され不安」がある。
・なぜか怒りがとまらない。
・自分は愛される価値がないと思っている。
・親に依存しながらも親から離れられない。
・感情を出せない。。
・人を信じられない。
などなど

身体中にブロックして溜めこんでいる怒りや悲しみを
はずしてもっと楽になりましょう。

幼少時にできたリミッティング・ビリーフをより良いものに
書換えするお手伝いをしています↓
「マインドクリエーター桂生子の個人セッション」
posted by: マインドクリエーター桂生子 | 人は変れる「私の体験談」 | 22:55 | comments(0) | - |
母親に人生を振り回されてませんか?
母親に人生を振り回されてませんか?
本当は大好きで大切なたったひとりの母おやなのに。。。
今日は、母親と二人羽織になってしまった方の
ビリーフチェンジの体験談です。
二人羽織=伝統減芸能にありますね。
羽織を二人で着て首から上だけ自分で、腕・手も身体も後ろから他人が操るものです。
上手に欲しいものが口に入ればいいのですが、他人の手によって口に運ばれる食べ物は、
決して本人が欲しいものではないかもしれませんね。

 
幼な子から見るととても不本意に扱われたSちゃん。
自分の気持ちはいつしか、母親に言っても聞いてもらえない状態になりました。
母親に構って欲しいという欲する気持ちは幼子にとって当たり前のこと。
やはりどんなことがあっても、母親はかけがえのないもの。
 
その後Sさんは、大人になった今も
その母親が不の感情を出す度に、感情の面倒をみていらっしゃいます。


こうして母親の言いなりともいえる、母親に振り回される人生が始まりました。

Sさんの感想
あなたは変るビリーフチェンジ私の体験談


 
1.セッションを受けるキッカケは何でしたか?
何事もネガティブに考えてしまう性格なので、自分でも嫌だなぁ…と思いながら、
そう簡単に変わらないしどうすれば良いのか分からなくて…
ビリーフチェンジのようなことがあるとは聞いていていつか、
受けてみたいとは思ってました。

2.今回取り組んだのは、どのような悩みや問題でしたか?

大変なことがあったり、いろいろ状況が変化してるのに、
やっぱり考えるとしんどくなることが、母親との関係でした。
私が変わらないといけないのか、と思いながらも
そう簡単には変わらなくて悩んでました。


3.セッションを受けた感想

自分の生い立ちをたどっていったり、整理することで、
その時、どんなことが起こっていたのかが、
客観的に知ることが出来たような 気がします。
私には衝撃だったことが、母親にしてみたら、なんのことはなかったり…。
その中に居る時は分からなかった、気付かなかったことがたくさんありました。


4.ビリーフチェンジを受けた直後の感想をお願いします。

直後はただ衝撃的で何が起こったのか分からなかったです。
受けた当日から数日は、寝ると夢の中で私が子どもの頃の、
生活場面が映画みたいに思い出されてました。
嫌な感じではなく、どちらかと言うと懐かしい感じでした。


5.その後どのような事が変化しましたか?
気づいた事や変化したこと、今後への期待など教えてください。

今まで毎月、母から勤務表を教えて欲しいと言われて、教えてました(しつこいから)。
でも、お休みが合う度に電話がかかってきて話しの流れで、
「じゃ あ、一緒に買い物行こうか」
「ランチ食べに行こうか」ということになって。
別に私も用事はないのでいいのですが、
なんだか監視(支配)されてるみたいです ごく嫌でした。
でも母がそれで納得するのならいいか、という感じでした。

でもセッションを受けて数日後にまた「12月の勤務は決まったか?」と
しつこく聞 かれたので

「それがストレスなんだ!」と言ってしまいました。

今までだったら、そこで母から逆ギレされて、
「勤務を教えるぐらい何が問題なん?」とくるかと思ったら、
 
母は慌てて「そうなん、ごめんごめん。」と言ってました。

自分の気持ちを言ってもいいんだぁと思いました。

 
貴重な感想ありがとうございます。
Sさんに行ったビリーフチェンジセラピーは、
母親からの虐待による「恐い」という感情をPTSDとして扱い感情処理をしています。
また、幼少時に刷り込んだ「子供であってはいけない」というリミッティングビリーフを扱い
「自分の言いたいことを言う!」ことへ書き換え(チェンジ)しています。
一歩づつ、確実にあなたらしい人生を歩んで行きましょう。

 
そして 世界でたった一人の母親。
おっぱいをもらって、排泄を清浄してもらい今日まで大きくなったものです。
お互い良い関係になれるよう応援しております。

 


あなたもビリーフチェンジで、第二の人生を始めませんか?!

PTSD=心的外傷後ストレス障害



育った環境・生い立ちは、
人生脚本に大きく影響します。


過去の出来事、もちろん両親を変えることはできません。
しかし、あなたの心の中に刷り込まれている強い強い思いを
書き換えることができます。

・「頑張らないとダメ!強くならないとダメだ!」と
自分に罪悪感をもっている。
・人の評価、人からどう見られているかが気になるあなた。
・「自分なんて居なくてもいい」と思っている。
・「見離され不安」がある。
・なぜか怒りがとまらない。
・自分は愛される価値がないと思っている。
・親に依存しながらも親から離れられない。
・感情を出せない。。
・人を信じられない。
などなど

身体中にブロックして溜めこんでいる怒りや悲しみを
はずしてもっと楽になりましょう。

幼少時にできたリミッティング・ビリーフをより良いものに
書換えするお手伝いをしています↓
「マインドクリエーター桂生子の個人セッション」
posted by: マインドクリエーター桂生子 | 人は変れる「私の体験談」 | 22:37 | comments(0) | - |
「抱きしめて欲しい!人の温かさが欲しい!」でも、どこか虚無感
今日は、「不適切な関係」。
俗にいう不倫をする女性のビリーフチェンジの体験談です。



セラピスト「この関係がなくなると、、って想像してみて どうなると思う?」

 
M子「一人でいるのがさみしい。。不安というか、怖い。。。」
セラピスト「本当はどうなりたい?」

M子「一人でも安心して過ごしていきたいです」
  「それに、この関係のあととても虚無感になるというか、、あるんです。これを消したいです。」



Mさんの感想
あなたは変るビリーフチェンジ私の体験談


 
セッションを受けるキッカケは何でしたか?
今回で4回目のセッションです。
もっと早く受けねば・・・と思いながらも日々が過ぎてしまいました。

今回は「不適切な関係」を続けている男性と会った後、彼はルンルン♪♪え帰ってくのですが、
私は全く満足も得られません。しかも、とても強い虚無感にとらわれてしまい

「彼に依存していく自分が嫌だな。」

「ちゃんとした独身のパートナーが欲しい・・・」

と思ったからです。


今回取り組んだのは、どのような悩みや問題でしたか?

不適切な関係を何で選び続けている自分がいるのか? 理由が知りたかったこと。
この関係を以前止めようとしたのですが、リバウンドのように戻ってしまったこと。
建設的ではない関係を続けることで、自分自身が虚無感に囚われることから楽になりたかった。
 


セッションを受けた感想

セッションが始まりました。

そして、間なんとまたも母親がでてきました。
「え〜っ!!またこの人なの???」
母親がでてきたことに愕然としました。

「私はまだ、母親に囚われているのか?」

「この人は、どれだけ私を苦しめれば気がすむのだろう・・・」

途中、現在の自分に戻るのですが、
幼い自分は「ひたすら我慢の子」
「他人の目をずっと気にしている子」に見えました。

「とても大人びて全く可愛げのない子」

「もっと子供らしくすればいいのに」と思いつつも、のびのびと子供らしくできない私。
また、母親に「自分の存在」を認められてルンルン嬉しくなることもありましたが、
本当は「大人らしくして、母親の言うことを何でも聞く私」でないと、“私”を認めてくれないことがわかると、
「やっぱり私は母親から認められないんだ」と嫌な気持ちになりました。

母は、忙しくイラつくことがあると“かんしゃく”を起こします。ヒステリーとも言いますか。。

そして先生が「ほら、お母さんが“かんしゃく”を起こしているよ」と行ったとたん、
母親からぶちまわされた(殴られた)記憶がでてきて
フリーズ状態!

「パチン!」と桂生子先生が椅子を叩くと、私の頭の中も「パチン!」と音がしました。
前回も、前々回も頭の中で音がしました。

その後、
桂生子先生に抱きしめられると、やはりこきゅうが浅いし涙も鼻水も流れるし・・・
どうしようかと思いましたが、抱きしめられると「暖かい」し「安心」します。が
ポカポカ暖かいところに浸りたいのに、もう一人の自分が“違和感”を訴えてきて
「あ、いかん。いかん。長い時間だと桂生子先生に迷惑をかけてしまう。」と、ストップをかけてしまいました。


ビリーフチェンジを受けた直後の感想をお願いします。

「この人肌の温かさをいつも欲しがっていたように思います」

幼い頃に十分な愛情を母親から受け取っていないため、
その愛情(人肌の温もり)が欲しかったんだな。。。と

不適切な関係を通して、自分自身を傷つけていたんだな。。

妻のある方を『ご利用する』行為を、自分のさみしさを埋めるために
利用していたのか?!と

「あ!その通りだ!!!」

と思いました。

そして、私にちゃんとした「独身の」パートナーが見つからないのは、幼い頃に十分な愛情を
受け取ることができていなかったんて、セッションをするまで考えもしませんでした。

男性とおつきあいをすると「私をちゃんと認めてくれる方が欲しい」と、
いつも相手に求めていました。

しかも妻帯者ばかり・・・。

私、幼い頃の自分の気持ちとまったく同じでした
でも満たされない思いを大人になった今でも、「欲しい欲しい」と
生きていたんだな。と

お互いに思い合ってこそ愛情や信頼関係が生まれるのに、こんな「不適切な関係」を
していたら、パートナーは一生手に入らないものだと思いました。

 
その後どのような事が変化しましたか?
気づいた事や変化したこと、今後への期待など、おしえてください。

今は日常に戻り、平凡に仕事をこなす毎日が続いています。
セッションを重ねるごとに、少しずつですが明るく前向きに生きよう!と
思えるようになってきました。 
後は、自分で自分を認めてあげれるよう、私自身を大切に扱ってあげようと
優しい気持ちになっています。



セッション中は遠慮しないでねと言ってもなかなか簡単にはいかないよね。
M子さんがセッションの中で感じたことや気づいたことは、とても大切なことばかり。
今では、ご自身を認めてあげたい!大切に扱ってあげたい!という気持ちがでていることが、
こってスゴイことなんですよ。なぜなら自分を大切に認め扱えるようになると、

不適切な関係はしなくなりますよ^^
だって、自分を大切に扱えるようになると、無謀にも自分を傷つけるはなくなりますし、
他者に対しても大切に扱えるようになるからね。

M子さん、細やかな感想ありがとうございます。





 


育った環境・生い立ちは、
人生脚本に大きく影響します。


過去の出来事、もちろん両親を変えることはできません。
しかし、あなたの心の中に刷り込まれている経験の質は変えられます。


・頑張りすぎて忙しすぎて、でもやめられない
・人の評価、人からどう見られているかが気になるあなた
・甘えるのは難しいと信じているあなた
・NOが言えなくて、嫌でも引き受けてしまうあなた
・人から感謝されたいと願うあなた
・自分の気持ちを言えない。
・人を信じられない。
 などなど

身体中にブロックして溜めこんでいる怒りや悲しみを
はずしてもっと楽になりましょう。

幼少時にできたリミッティング・ビリーフをより良いものに
書換えするお手伝いをしています↓
「マインドクリエーター桂生子の個人セッション」
posted by: マインドクリエーター桂生子 | 人は変れる「私の体験談」 | 23:18 | comments(0) | - |
人に頼れない自分は、実は〇を信じて生きていました!
あなたは神様を信じていますか?
あなたは人を信じていますか?

今日の体験談の主人公は、
「人を頼らず神様に頼っていきていく」というビリーフを持つ女性のお話です。
それは、こんな始まりでした。
幼少期、お母さんのご実家が神社さんということもあって、小さい頃より
神様との関わりが濃かったKちゃん。

小さいKちゃんが甘えたり頼りたかった母なのに、それが叶わなかったことで
「神様に頼る」というビリーフを持ってしまいました。
その頼り方は神様の立ち位置で人を見るというものでした。

小さいKちゃんは、幼少期
お友達との間で辛い思いを重ねていたそうです。

だって、お友達と一緒の立ち位置ではないんですものね。。

こうして小さい頃に「〇〇にするのが1番いい!」と心に刻み込んだ思いは

強い決心とともに
小学校、中学校、、高校、大学、、、社会へと長い年月とともに持ち上がっていくのでした。
神様を頼りに生きていくことが、こんなにも偏った人生脚本をつくっていたとは
本人もこのセッションをするまで気づかないことでした。
そう。神様は素晴らしく、神様は正しい と信じていた訳でしたから。。
 

いつしか、何でも自分で決めて自分で歩んでいた学生時代までの自分。
社会に出た今、いざ人と関わらなくちゃいけないとき、危機!?いえいえチャンスがやってきたのです。
今日は、頼ることが下手になった23才の若い女性のビリーフチェンジの体験談です。


Kさん20代の感想
あなたは変るビリーフチェンジ私の体験談


 
セッションを受けるキッカケは何でしたか?
人を頼れない!
教えてもらいべただの私は、とてもこのままでは人生損をすると仕事中に思い
セッションをお願いにあがりました。



今回取り組んだのは、どのような悩みや問題得したか?

小さな時に深く心に決めこんだ
「お母さんを頼らずに神様を頼りに生きていこうという私の心の核」ともいうべきものでした。
これは、セッションをする中で気づいたものです。



セッションを受けた感想

変わった人だと思われる、感覚が麻痺している!
人との本当の繋がりがなかった意味がわかりました。

セッション中ボロボロ涙と鼻水が出る時はエビの腹わた?(背の黒いとこ)がむかれるかのごとく
(エビ本人にはなくてはならないが人間が食べるにはちょっとみたいな)どうしようと思う程でした。

心の片隅に感じた一番苦い思い込んだ瞬間の再現を
目の当たりにして、、、「うわーっ!!」言葉がでませんでした。

「なんて子供ながら孤高な決断をしているの! 驚ろくわ!」

「子供っぽくないわなぁ。。。」
(後で、こそっと父にセッションの事を話すと父は「とんだおバカさんじゃのー」と一笑されました^^

改めて父はA家は実は器がデ力いのか?

仏壇に玄米茶を添えて改めて手をあわせました。

長い事見守っててくれてありがとうございますと。)



ビリーフチェンジを受けた直後の感想をお願いします。

私のこの思いこみが、核一番安心でき
でも一番、不安で孤独になってしまう原因だと分かった時には全て納得しました。
あと、お母さんにこんなに近くにいたのに「頼れない〜、、嫌い」なんて思ってて
長い事ゴメンねという事も思ってきました。
私はお母さん自身を見てなかったなと。

もっと低姿勢で生きていこう

私はこれからの人生近くの人との繋がりを大切にして
甘えさせてもらって自分の感覚を信じて生きていこうと思ました。

自分の感覚を出して信じて人と繋がって
その先にもっとそれでこそ神様の境地があるのではないかと。

人間社会の勉強をーから仕切り直しです。


その後どのような事が変化しましたか?
気づいた事や変化したこと、今後への期待など、おしえてください。

今後はもっとA家の血筋に、今まで待ってくれた事を感謝してー
これからもっと目を向けるとともに、人間関係、愛想を勉強させてもらおうと思います。
扱いやすい低姿勢で可愛い人になろうと。
23オの楽しい女の子になれたらいいと思います。

岸本さん、感想もですが硬いエビの事を長い事見守って下さって本当にありがとうございます。
どうやらお陰様で心の安定を見いだせております。
今後ともまたお付き合いの程宜しくお願いします。


Kさん、細やかな感想ありがとうございます。



 


育った環境・生い立ちは、
人生脚本に大きく影響します。


過去の出来事、もちろん両親を変えることはできません。
しかし、あなたの心の中に刷り込まれている経験の質は変えられます。


・頑張りすぎて忙しすぎて、でもやめられない
・人の評価、人からどう見られているかが気になるあなた
・甘えるのは難しいと信じているあなた
・NOが言えなくて、嫌でも引き受けてしまうあなた
・人から感謝されたいと願うあなた
・自分の気持ちを言えない。
・人を信じられない。
 などなど

身体中にブロックして溜めこんでいる怒りや悲しみを
はずしてもっと楽になりましょう。

幼少時にできたリミッティング・ビリーフをより良いものに
書換えするお手伝いをしています↓
「マインドクリエーター桂生子の個人セッション」
posted by: マインドクリエーター桂生子 | 人は変れる「私の体験談」 | 21:33 | comments(0) | - |
なんで自分は男の子に生まれてこなかったか?
なんで自分は男の子に生まれてこなかったか?
こだわりは様々な出来事を引き寄せるものです。

Yさん40代の感想
 
あなたは変るビリーフチェンジ私の体験談

その後のYさんは、見た目にもすぐにわかるくらい変られています。
顔のこわばりがなくなり、本当の素顔は優しく自然な表情だったこと。
ビリーフチェンジをされて見た目に変る方の中に多いのが、
“目元”です。目元が優しくなられる方が多いものです。
不思議ですね。^^
もちろん服そうも変化しています。
女性を感じる様相に変られました!アクセサリーの選び方、
お化粧を始められことは、大きな変化ですね。
 
Yさん、細やかな感想ありがとうございます。

 
 
セッションを受けるキッカケは何でしたか?
 
以前から桂生子先生のセッションを何回も受けてきて、
どうしても家族のことがキーポイントとなっていたので、
家族、特に両親への関係不和がずーっと続いているのを
少しでも良くなればと思いこのセッションを受けました。


今回取り組んだのは、どのような悩みや問題得したか?

特に母親との関係は、私の幼少時代から大きな問題を突きつけられてきたため、
自分の中ではもういい加減、嫌気がさしてどうにかして自分の心を楽に
したいと思ったため。
特に3,4才の頃に『あなた(私)が男(の子)だったら、私がこんなに
父から非難されたりすることはなかったのに…』 と
言われて大ショックを受けたことをはじめとして、
男の子であって欲しかった気持ちがある中で、
いつも第1子であるがために何かあれば私に頼ってきたり、
あてつけ(今であれば、虐待に近いことかも)をされていて、
生まれてきてしまっている以上、性別は親の好きなように変えることもできないし、
私自身の力で変えることなどできやしないのに、

『仕方ないから男の子のように振る舞いをしたりしよう』
男の子になれないなら、とにかく『良い子』
でいて、両親から見捨てられないように気を回して、本当はイヤなことでも、
仕方なくイエスマンを演じてきて、もうこの年になったんだから、
子供扱いをやめて欲しい。
私の心を楽にしたいと思ったためです。


セッションを受けた感想

父はとにかく男の子が欲しくてたまらなくて仕方がない人でした、
そんな中生まれた私は女の子で、未熟児でした。
そんな状態で大きくなった私に

「あんた(私)が男だったら、うまくいくのになんで女で生まれたん…」と

泣きながら愚痴をこぼされたことで、



私のせいじゃないでしょう、

生んだ親のほうが悪いんじゃないの?

という反抗心とじゃあ男の子みたいにしてれば、
機嫌を損ねないですむんなら男のように行動していけば
自分の存在を認めてもらえるかもなという思いがベースとして
私の中に大きく刻まれてしまいました。

また第1子であることでも兄弟ができてからは
特別扱いされて厳しくあたられました。
そんな中で、どんどん両親に対して

「なんで私だけそうなるの…?」と
思うようなことがたくさんありました。

小学校低学年のころ、住んでいた地区周辺でいたずら目的か誘拐目的な男性が
出没していることがあり注意してください。のような状況がありました。
たまたま、自分が学校からの帰り道で知らない男に声をかけられてしまったことがありました。
偶然にも同学年の男の子が後を追ってきていて声を私にかけてくれたことで、
その男は去っていきました。

見知らぬ男の人に声をかけられたことを家に帰って母親に伝えたところ、
母はビックリし、とりあえず警察に連絡。
私に対しては「何しとったん!!あんたって子は」
無事で良かったねぇ、大丈夫? そんな言葉や抱きとめてくれることを期待していた私にしかりつけるんかい!!
警察を連絡することも大事だけど、まず子供のことを心配するのが一番じゃないの?

第3者が入っているこの件が
まずは第1回目のセッションのテーマとなりました。

警察もきて、事情聴取のようなことがあり、とにかくいつもの状態にない私
は男への不安と、恐怖感でなんとか無事に事なきですんである意味ホッとしていても、
本当の心の中では怖かったよう、助けて、こんな気持ちをわかってほしい…。
それを理解して欲しくてたまりませんでした、

どこもなんともない?よかったわぁ〜
そう言って抱き留めて欲しかった…

逆に叱られるなんて、、、なんで?

私の気持ちを受け止めてもらえない人なんだと、諦めてしまいました。

その頃の私自身に戻ってかんがえたのは
男に対してはとにかく「なんで私に声をかけてきたの?」
もう二度と近寄ってくるな! 大人の男は怖いよ…

母の立場になって考えたことは、
母親自身もパニクっていて、(私のことを)
忘れてたわけじゃないのよ…

そんな各人の心境を受け取った後で、男に対して、母親に対しての当時の私
に戻ってのきもちを思いつくままに、声にしました。

『ばか! 死んでしまえ!いつもいい人ぶって、わたしのことはどうでもいいんだな!』
そんなことを言いながら、自分の本心を思いっきり吐き出す事ができました。

その時の恐怖心と不安、
母にしてもらいたかっただきしめを桂生子先生にしてもらいながら、
じょじょに、ゆっくりと感情を解放していけて、喜びを得ることができ、
私の求めていたものはこれだったんだとうれしかったです。


ビリーフチェンジを受けた直後の感想をお願いします。
 
とにかくすっきりとして、

自分が悪くてこのようなことになったわけでも
ないし、女の子に生まれたことも私に責任はなく、私は悪くない!!


その一言で

自分自身の存在も認めることができてホッとできた気がしました。


気持ちがホッとした分、顔の表情も固まっていたのが緩みがでて、
笑っても大丈夫になりました。


その後どのような事が変化しましたか?
気づいた事や変化したこと、今後への期待など、おしえてください。

自宅に帰って母親の顔を見ても、客観的にああいう人だから…、気にしない
でいこう。いつものようになにか一言言われても聞き流せるようになりなした。
会社の同僚や友人からも、顔の表情が硬かったのがやわらかくなったと言わ
れてうれしい気持ちでいっぱいです。

まだまだ家族との問題は多くあるので、またこのビリーフセッションで一つづ
つ解決していきたいと思います 。

育った環境・生い立ちは、
人生脚本に大きく影響します。


過去の出来事、もちろん両親を変えることはできません。
しかし、あなたの心の中に刷り込まれている経験の質は変えられます。


・頑張りすぎて忙しすぎて、でもやめられない
・人の評価、人からどう見られているかが気になるあなた
・甘えるのは難しいと信じているあなた
・NOが言えなくて、嫌でも引き受けてしまうあなた
・人から感謝されたいと願うあなた
・自分の気持ちを言えない。
・人を信じられない。
 などなど

身体中にブロックして溜めこんでいる怒りや悲しみを
はずしてもっと楽になりましょう。

幼少時にできたリミッティング・ビリーフをより良いものに
書換えするお手伝いをしています↓
「マインドクリエーター桂生子の個人セッション」
posted by: マインドクリエーター桂生子 | 人は変れる「私の体験談」 | 00:08 | comments(0) | - |
「女であることを受け入れてもいい」自分を好きになることへの喜び。
あなたは変るビリーフチェンジ私の体験談

30代Mさんより感想をいただきました。

私がビリーフチェンジを受けようと思ったのは、うまくいかない人間関係がきっかけです。

相手を操ろうとし、怒りっぽく、白黒はっきりさせないと気が済まず、それが叶わない場合は納得するまで問いただしたり責めたりする…
こんな性格が原因で、大切な人を失ってしまったからでした。

自分を変えたいと思いました。

後悔ばかりの毎日。
あの時こうしていれば…
あの日こんなことをしなければ…

でも、いけないと判っていても、そうする自分を止められない。
悩んで落ち込んで、いろいろ自分を探すうち、潜在意識を変えるしかないと思いました。
そして瞑想CDなどを買いあさり、しばらく続けていましたが、そういったCDにある誘導音声は、何故かしっくり自分に入ってこない…

同時に、言動から変えていこうとしましたが、自分らしくない気の使いように疲れ果て、人からも無理をしているように見えるとも言われ、誰かの手を借りるしかないと思ったのでした。

初めてのカウンセリングで、どこまで話していいものかいろいろ考えていましたが、先生に、穏やかに、丁寧に、原因は何か、何故そうなるのか、何故そう思ってしまうのか、懇切丁寧に教えて頂いて納得することばかりでした。
話していくうちに、自分がどうなりたいのか、何を改善したいのか、見えてきたので、今回はまず幼少時に受けた“虐待”の時の未完了の感情を完了させることになりました。

セッションは“ビリーフチェンジ”というものでしたが、
受けた直後は不思議なことに、希死願望が軽減していました。

それまでは、自分はどうなってもいい、明日死のうが別にどうだっていい、仮に死ねるなら今だって死にたい、と投げやりな気持ちと死を望む気持ちで毎日を暮らしていましたから。

それが、なくなっていたのです。
気持ちが楽にはなったものの、不思議な気分でした。
あと、受ける前と受けた後で考え方が少し変わったかな、と思うのは、

「人に好かれたいなら、まず自分を好きになること。

 自分を愛せないなら、人を本当の意味で愛せるはずがない」

ということでした。

先生には、「一週間で変化が現れますよ」と言われ、
そうなのかな…と思いつつも帰宅。

途中、私は女であることを受け入れてもいいことに、
何故だかポロポロ泣きながら自転車をこいでいました。

すれ違った人たちはギョッとした顔で見る人もいましたが、
気にせず、涙を拭きもせず、ただただ自分の中から沸いてくる感情に身を任せました。


それからほぼ一週間。
気持ちが楽になった感はあったものの、他には大した変化もないままでした。
ただ、以前は自分の趣味で買っていた服装が、どちらかというと柔らかい優しい色を選ぶようになったこと。
女性らしい服装に目が行くようになったことは、自分の中でちょっとした喜びでした。

が、正直、他に目覚しい変化はないな…と、6日目までは思っていたんです。

が…ビリーフチェンジを受けてから、ちょうど一週間。
私は、ちょっとしたヘマをやってしまいました。
些細なことではあったんですが、それまでの私ならどん底まで凹んで落ち込んで、しばらく立ち直れなかったでしょう。
でも、その時は違いました。
「う わ、やっちゃった…」と思って少し凹んで、気分を変えようと軽く散歩に出たのですが、
月を見上げながら歩いているうちに急に「なんだよ、これが自分なんだよ、
自分が自分らしくあって何が悪いの?」と、今思っても不思議なほどサッパリと
開き直るというのか、何かがスポンと抜けたような感じで、
凹む気分もどこ かに行ってしまい(笑)

散歩に出たときとは打って変わった晴れ晴れとした気分で帰宅。
そして日付を見ると、ビリーフチェンジを受けてから、

ちょうど7日目。


その時に気付きました。
「ああ、先生の言っていた1週間で変化が現れる、とは、このことだったのか」と。

変化の現れ方には、個人差もあるでしょう。
時間差もあるでしょう。
しかし、これだけは言えます。
ビリーフチェンジを受けてよかった。
今回はありのままの自分を受け入れることができて、生まれ変わったような気分がしています。

とは言え、まだまだ問題は山積みですし、先生には今後もお世話になるかと…
いえ、お世話になりたいと思いますので、どうぞよろしくお願いしますね、先生!(笑)






育った環境・生い立ちは、
人生脚本に大きく影響します。


過去の出来事、もちろん両親を変えることはできません。
しかし、あなたの心の中に刷り込まれている経験の質は変えられます。


・頑張りすぎて忙しすぎて、でもやめられない
・人の評価、人からどう見られているかが気になるあなた
・甘えるのは難しいと信じているあなた
・NOが言えなくて、嫌でも引き受けてしまうあなた
・人から感謝されたいと願うあなた
・自分の気持ちを言えない。
・人を信じられない。
 などなど

身体中にブロックして溜めこんでいる怒りや悲しみを
はずしてもっと楽になりましょう。

幼少時にできたリミッティング・ビリーフをより良いものに
書換えするお手伝いをしています↓
「マインドクリエーター桂生子の個人セッション」



posted by: マインドクリエーター桂生子 | 人は変れる「私の体験談」 | 20:12 | comments(0) | - |