, 男を知らずして女は出せません! | 自分らしさに出会う時
男を知らずして女は出せません!

ここんとこの中国人の悩みは、
結婚できないこと!らしい。
何と、一人っ子政策でできることなら長男一人!
女性の数の倍近く男性の数が増えたんだってさ。

婚活にやってる女性軍、
中国には大勢王冠王子がいるようですよー。


沢山しくったからわかる人生再生の逆転奇キラred

発信しています。

人生再生セラピスト けーこ姐こと 

岸本 桂生子(きしもとけいこ)です。

【今日のお授業】

男を知らずに 女は出せません!

人生再生セラピストけーこ姐(岸本桂生子)



うちのダンナでセラピスト僧侶 直子はこう言うよ。

「男の温かさを知らないと、女は出せれん!」

「男と関われずして、どうやって
    女であることが知れよう?!」


いいこと言うねー!!直子

女性ってとこを、うまーく出せるようになると、
人生がオヤっとばかりにうなくイクもんです。



このブログ読んでる女性を対象にいうと、
男性を意外と知らない女子が多いんです。

女性を出せてない女子が多い


目の前にあなたの恋愛対象の男性がいると思って
向き合ってみて。というと、

ガーーーッと近づいて行って心臓バクバク。
見れないし、怖いし、、無理無理ー

遠巻きに恐る恐る近寄る、、
もしくはもっとモーーーーット離れる。

これじゃ、世の中の約半分としか
関わってけないね

私たちの中には、男性性と女性性というのがあって、

うまく機能していると恋愛に限らず家族間も
大きくは人間関係もうまくいくんですね。

男性性っていうのは、
リーダーシップとか責任感とか誠実さとか、
女性の中にもあるよね。そういうとこ。
このブログ読んでる女子たちは
かなりの確率で男性性が強いとも言える(笑)
それと、もう一つ大事なのは


自分の中にある父親像

父親との関係性の中で培われてきた自分に対する男性のあり方。
男性へ持つ価値観や思い込み(囚われ)が大きく関係するわけ。

あなたはお父さんのこと、どう思ってる?

いいこともあるでしょう。悪いこともあるでしょう。

これらは、世の中で初めましてした時の男性に対する感覚。
また、お母さんがお父さんのことをどう思ってるか?
ってことも含めて入ってくる。
お母さんがお父さんのことを大切にしているのを見てたら、
世の男性に対しても温かい眼差しで見れるよね。

もちろんその反対なら、、悲しく映るもの。

世の中で関わる人の半分が男性なんですぜ!

もしも、男性のことをダークに捉えてる自分がいたら、
世の中の男性は、自分にとって
ほぼダークな存在であること間違いなし。きゃー


自分が見えてる、捉えてる相手は、
自分の心が映し出してるもの。



私たちの心の中ってね、面白いことになってて、
この自分が心に映し出してるものが本物に取れちゃう。
だからそれに適合する自分(変性自我)を作ってしまう。
変性自我=鎧みたいなもん。

世の中の男性と変性自我で関わってる間は、
何にも変わらない。

だって、本当の自分(自我・真我)じゃないもんねー

↑おーい!ちょいとマニアックになってしもたー
ここんとこは、またの機会に詳しく書いてみまする。


ようは、目の前にいる男性は、本当は気持ちが温かくて
優しくて受け入れてくれる人。
そして強くあなたを守ってくれる人かもしれないってこと。

自我と鎧が統合されて一つになると
見える世界が変わるよ!




今まで、鎧にばかり目を向けて
どうすれば、いい恋愛ができますかー?とか
この問題(鎧)を解決したいーとか
取っちゃいたい!削除してーーーーとかだと、
それら一つ一つ潰していってもキリがない。

要は、統合が必要なんじゃなー。(ふむふむ)

世の中の女子。
優しくなって甘えられて、もちろん可愛くなって
幸せになろうじゃん



追伸:男性に対してやと、
男性の中にも「女性性」があるってこと。
うちのダンナで直子???なんじゃオカマかー???
直子は、女性との関わり女性性を知った上で、
男性を生きてます。はい!

直子もう直ぐ、アメブロデビューするから待っててね

今日もお読みいただきありがとうございます(^ ^)


自分の中に「気づき」を見つけたら、
それは、あなたへ天から降りてきたご縁なのですよ。ご縁!
縁とは繋がりと因果、そして必然。



「縁」と巡り遇えた瞬間から
あなたの人生が再生します。


人生再生セラピスト けーこ姐こと 
岸本 桂生子(きしもとけいこ)でした。

人生再生セラピストけーこ姐

宝石緑けーこ姐の個人セッション
ビリーフチェンジセラピー、魂コン、協会認定NLP講座 
各種セミナーに興味ある方はどうぞTherapy Stegeゆくり庵

posted by: マインドクリエーター桂生子 | セラピストのひとりごと | 12:58 | comments(0) | - |