, 「自分はここにいちゃいけない」その心理は… | 自分らしさに出会う時
「自分はここにいちゃいけない」その心理は…
女性 Eさん
あなたは変るビリーフチェンジ私の体験談

1.セッションを受けるキッカケは何でしたか?
 

会社の人間関係に悩んで仕事をやめる状態まで追い込まれました。

人間関係が苦手な私を誘ってくれる人がいましたが、

「自分はそこにいてはいけない・・・」気がして、
息苦しさを感じる自分がいました。
 
人の好意が受け取りにくい自分がおかしくも感じました。

また、買い物をしても満足出来ず、、次々と買っていました。

買った服が全部似合わなくて、結局着る事がなかったです。。

勉強も人からの「スゴイ!!」という言葉が欲しくて、朝晩やっていたら
結局は、倒れてしまい会社を休むところまでいきました。

「もうイヤだ!」 「もう、たくさん!」
 

2.今回取り組んだのは、どのような悩みや問題でしたか?
音に敏感で、大きな音がすると身体全体に衝撃が走り、すごく悲しい気持ちになる事を治したかった。

人が恐くて、人と繋がれない。
ビクビク・オドオドしているので、怒られることが多い。

バカにされやすい。

年齢のわりに幼稚で子供っぽく年齢相応に見られたかった。

 

3.セッションを受けた感想

セッションを受けている時は、自分は小さな女の子に戻っていました。

椅子に座っている相手は私の父親です。

小さな私は恐さのあまり固まって動けない、、動かない状態でした。
そこには現在の自分の意識もあります。

現在の私は、父親を冷静に見ていて、
父親として人間として「この人ないなー」と。

お酒を飲んで興奮して大きな音を立てて怒っている父親に対して、
桂生子先生が止めに入ったとたん、私の中で、
はじける感じがし、涙が滝のように吹き出してきました。

その時に「感じないようにしていたんだ!」とわかり、
自分が可哀想に感じました。
それと同時に「恐い」という感情もあり、
先生が「そのまま感じていいよ」と言われた時、呼吸が過呼吸状態になり、
落ち着くまでに時間が少しかかりました。

「すごいことが自分の中で起っていたんだ」と思いました。
 

 

4.ビリーフチェンジを受けた直後の感想をお願いします。
 

1番に桂生子先生に「目が落ち着きましたね」と言われました。

目が意識しなくてもクルクル動いていて落ち着きがない状態だったのが、

目が安定し対置で定まった状態に変化しました。
他の人に印象を聞いてみると、
目を合わせてくれるから、話を聞いてもらえてる気がすると言われました。

 

5.その後どのような事が変化しましたか?気づいた事や変化したこと、

今後への期待など教えてください。
何もしないでぼんやりしているときに、
すごく満たされている自分を感じることが多くなりました。


前は人に何か言われたことに対して、
激しい怒りや落ち込みを感じていましたが
あまり怒らなくなり、「別の見方ができるかも・・・」の方に
変化してきました。

音に対しては、身体全体で反応していたのが、
音が聞こえてるな、、、という、耳だけになりました。

今までムリかなと感じていたことに対して、

少しずつ興味を持って工夫している自分がいます。
少しずつ人間関係が良くなっているので
行動をこれからは広げていきます。


Eさん貴重な感想を本当にありがとうございます。


 

育った環境・生い立ちは、

人生脚本に大きく影響します。

過去の出来事、もちろん両親を変えることはできません。
しかし、あなたの心の中に刷り込まれている強い強い思いを
書き換えることができます。

・「頑張らないとダメ!強くならないとダメだ!」と
自分に罪悪感をもっている。
・人の評価、人からどう見られているかが気になるあなた。
・「自分なんて居なくてもいい」と思っている。
・「見離され不安」がある。
・なぜか怒りがとまらない。
・自分は愛される価値がないと思っている。
・親に依存しながらも親から離れられない。
・感情を出せない。。
・人を信じられない。
などなど


身体中にブロックして溜めこんでいる怒りや悲しみを
はずしてもっと楽になりましょう。

幼少時にできたリミッティング・ビリーフをより良いものに
書換えするお手伝いをしています↓
「マインドクリエーター桂生子の個人セッション」
ビリーフチェンジセラピーとは:
リバウンドのないセラピー人生を家に例えると、
リフォームじゃない!新築工事。
幼少期に築かれた土台(基礎部)をチェンジするセラピーです。
もっと詳しく→
セラピストと気軽にお話しませんか?無料
お問合せ・予約フォーム
posted by: マインドクリエーター桂生子 | 人は変れる「私の体験談」 | 12:12 | comments(0) | - |