, 私のことなんて愛してくれるはずはない! | 自分らしさに出会う時
私のことなんて愛してくれるはずはない!
巷で言う“おひとりさま”が出来ない私。

一人になるのが不安。。
放っとかれるのはイヤ!

人からの愛情や、温かさを求め続けて
20年。。
けっして温かさや愛情を感じることはなく、
いつも自分の周りから人が居なくなってしまわないように、
努力し続けている女性の愛着セッション体験談です。


女性 Mさん
あなたは変るビリーフチェンジ私の体験談

今回で5回目のセラピーです。

いよいよ・・・「愛着障害」のセッションを決心しました。

セッションが始まると母親がでてきました。
相変わらずふてくされた表情です。
「私って、つくづく母親がニコニコしている笑顔を見たことがないんだ・・・」と思いながら、
セッションが進んで来ると無性に母親が怖くなってきました。

本当は、もっとかまって欲しかったし、私を見て欲しい、、
母親の服の裾を引っ張る自分を思い出したとたん、

母親に手で振り切られたんです

「コワイ!!」

この瞬間
「パチン!!」と桂生子先生が椅子を叩くと、フリーズ状態になり、
呼吸も止まった様なとてもきつい状態に、、

「母親が怖い」と思いつつも「もっとかまって欲しかった・・・」
という相反する気持ち。
そして桂生子先生が「感情を出していいよ。泣いていいよ。。」と
言ってくださり

「泣いていいんだ・・・」と思うと、後から後から
涙があふれ出してきて止まらなくなりました。

最後は鼻まで詰まってしまい、ようやく涙が止まったのでした(笑)

「泣くこと」=「弱いこと」として母親から怒られるので、
ものすごく感情を押し殺していたんだなぁ。。。と思いました。

後半、理想の母親に私が今まで手に入らなかった「私を甘えさせてくれる母親」です。
そして、もう一人の私が出てきました。

「バカじゃないの!あんたが欲しいものなんて、くれるわけないじゃん!無理、無理。」

と繰り返し言ってきます。

「今、今これをつかみ取らないと、一生後悔する!」

と思いうるさい!!」と私が言うと、
もう一人の私はとても驚いた顔をして消えていきました。



私が小さい頃一番して欲しかった「頭なでなで」をしてもいらい
抱きしめられると

「温かいなぁ・・・女性ってこんなに柔らかいものなんだ・・・」


と心も身体も感じて身をゆだねていると
ついウトウトと眠くなってきました。

桂生子先生に声をかけられて、我に返りました。
「あ、いかんいかん時間だわ..もう少しこのままでいたかったなぁ〜」と
抱きしめられる時間は終了しました。
セラピー終了後、身体全体が温かく感じました。
この日一日は頭がぼ〜とぃていました。
そしてまた仕事に忙殺される日々が続いています。
余談ですが、、、
このセラピーを取り組み始めて、今までにない体調の悪さを感じています。
会社も休みがちで、私にとっては体調不良のきかんが長いことは初めてだったので、
誰に相談しても「年だから、更年期障害だろう」と言われ、お医者さんに聞いても明確な答えはなく、
一人で悩んでいたしまた。
思いきって直秀先生と桂生子先生におうかがいすると、「毒だし期間」、「好転反応」らしく、
私の場合は、体調不良というカタチで出たようです。
いつまで体調不良が続くかわかりませんが、春ぐらいには良くなればいいかなと思っています。
また、前回のセラピーで「不適切な関係」を続けていた彼が、
「私をご飯に連れいく」時は彼の奥様が勤めているマク○ナルドで、
しかも割引券が使える食べ物しかおごってもらえず、
それだけ「お手軽でファストフード」扱いだったことが今になって理解出来ました。
とてもショックです!

「自分を大切に扱わないといけない!」ということを痛感しました。

 

Mさん、貴重な感想ありがとうございます。
いつの頃からか心のどこかに

「最後には一人ぼっちになってしまうんじゃないか。」

「人から見捨てられるんじゃないか?」と不安をいつも持ってしまう。

そして、見捨てられないような努力をし続けて頑張る。。
「私は幸せになる価値がないんじゃないか。。」と信じている。
 
相手に確認すらできないまま、
ついつい不適切な関係を続けてしまう。
結婚する予定もなく、本当にその相手を
愛しているのかどうかもわからないまま、、
でも、彼の好きなんだけど。。
彼を失うのが怖いようにもおもえて。。

こうして、ご自身の安心バランスとっていたのかと思います。
安心しそうで安心出来ない関係。
「人」という字は支え合う関係だという話をききますが、
本来は人、それぞれが自立している事が大切かと思うのです。
その上で必要な時にしっかり支え合える関係。。
自立できている相手に寄りかかるのは、安心ですよね。

今回は
愛着のセッションをしました。
愛着とは3才未満の幼少期に、母親からのみ得られる愛情体験
母親からだっこされるなど、スキンシップから安心感、人の温かさを体感するものです。
この大切な期間に下記の様な事態が起り、愛着を受け取りそこねた方にこのセッションを行います。

原因
●親から愛情を与えられなかった
●親に愛情を求めたら拒絶された
●親から放置、無視をされた
●親から虐待された

悩ましい状態

●見捨てられ不安 愛情のぬくもり、温かさを感じられない
●愛されているという感覚がない
●相手の愛情を疑ってしまう
●人を愛するのが恐い 「私のことを愛してくれる人なんかいない」と思っている
●嫉妬心、独占欲が強い
●目に見えない愛情を信じない代わりに、電話やメールの回数、プレゼントの金額等、目に見えるものにだけ頼って愛情のありなしを判断し、そうしたものを執拗に追い求める 「あれをしてくれない。これをしてくれない(だから愛してくれていない)」と執拗に訴える 「まだ欲しい。いつまでも欲しい」と求め続けて、それでいて決して満足しない(応じないとリストカットしたり、自殺をほのめかすことも・・・)
●配偶者や恋人への暴力(男女とも)
●パーソナリティ障害全般(10つ)
●対人恐怖症
●摂食障害



育った環境・生い立ちは、
人生脚本に大きく影響します。

過去の出来事、もちろん両親を変えることはできません。
しかし、あなたの心の中に刷り込まれている強い強い思いを
書き換えることができます。

・「頑張らないとダメ!強くならないとダメだ!」と
自分に罪悪感をもっている。
・人の評価、人からどう見られているかが気になるあなた。
・「自分なんて居なくてもいい」と思っている。
・「見離され不安」がある。
・なぜか怒りがとまらない。
・自分は愛される価値がないと思っている。
・親に依存しながらも親から離れられない。
・感情を出せない。。
・人を信じられない。
などなど

身体中にブロックして溜めこんでいる怒りや悲しみを
はずしてもっと楽になりましょう。

幼少時にできたリミッティング・ビリーフをより良いものに
書換えするお手伝いをしています↓
「マインドクリエーター桂生子の個人セッション」
セラピストと気軽にお話しませんか?無料
お問合せ・予約フォーム
【リミッティング・ビリーフ】
愛情・愛着を感じてはいけない。

【主訴】

  • 見捨てられ不安
  • 愛情のぬくもり、温かさを感じられない
  • 愛されているという感覚がない
  • 相手の愛情を疑ってしまう
  • 人を愛するのが恐い
  • 「私のことを愛してくれる人なんかいない」と思っている
  • 嫉妬心、独占欲が強い
  • 目に見えない愛情を信じない代わりに、電話やメールの回数、
  • プレゼントの金額等、目に見えるものにだけ頼って愛情のありなしを判断し、
  • そうしたものを執拗に追い求める
  • 「あれをしてくれない。これをしてくれない(だから愛してくれていない)」と執拗に訴える
  • 「まだ欲しい。いつまでも欲しい」と求め続けて、それでいて決して満足しない(応じないとリストカットしたり、自殺をほのめかすことも・・・)
  • 配偶者や恋人への暴力(男女とも)
  • パーソナリティ障害全般(10つ)
  • 対人恐怖症
  • 摂食障害

【刷り込みの場面】

  • 幼少期に、親から愛情を与えられなかった
  • 幼少期に、親に愛情を求めたら拒絶された
  • 幼少期に、親から放置、無視をされた
  • 幼少期に、親から虐待された         心理サイコセラピスト 棚田克彦氏のHPより

詳しくは Therapy Stageゆくり庵まで

「マインドクリエーター桂生子の個人セッション」
 
セラピストと気軽にお話しませんか?無料
お問合せ・予約フォーム

 
posted by: マインドクリエーター桂生子 | 人は変れる「私の体験談」 | 23:32 | comments(0) | - |