, 愛に飢えるコンビニ女になってませんか? | 自分らしさに出会う時
愛に飢えるコンビニ女になってませんか?
あなたをモノに例えたら、高級なブティックにある?
それとも、コンビニに並んでる?

シャドー セラピーステージゆくり庵 岸本 桂生子
妙な質問しますよね〜
こんにちは、マインドクリエーター桂生子です。

実は、モノに例えてまで語りたかったことは、
人の価値感、自分の中にある自己重要感なのです。
自己重要感とは、自分のことを大切で重要だって思える感覚のこと。
この感覚が高ければ、人のことも大切にしますし、
もちろんのこと!自分のことをまず大事に出来る人なのです。
低い人は、自分のことを低く見てますので、粗末に扱うというか、、
どこか劣等感をもっています。
その上、他人に対しても劣等感を通して見ていくので、
大切に扱うこともしにくくなります。

コンビニ女はどこか愛に飢えながら人を疑う

あなたなら、どっちがいいですか?
 
自分をコンビニまたは、○ンキと選んだ方は、
便利で手軽な自分。
ちょっと高級そうなものも安価で手に入る!

恋愛をしている方を例えると、

「自分を選んでくれるなら、、うれしい。」

「無理はしたくない!この程度でいい」

このタイプの方と話していると、
どこかで、
「自分は大したことないけど、いいのかな〜」
自信がとても低い感じなんです。

この違いって、なんなのでしょうね?

 
この違いは、すでに子供のころにできるんです。
小さい頃の養育された環境や扱いによってです。
その頃に大切にされたという感覚が薄く、
やっかいがられたり、無視されたり、叱られることから、
もちろんヒステリーを受けたり、
虐待をうけることで、

「自分はいない方がましだ!」

「自分は大切にされてない」と思ったこと
から始まります。

 


秋よりビリーフチェンジセラピーをしてくださった
女性で今、高級ブティック・デパートの陳列棚へと変化された方がいます。

コンビニ脱出ーー!!



以前のその方は、愛に飢えてました。
安心できなくていつも不安で彼氏や友達がきれるは無かったですが、
彼氏とは「離れるのが怖い・見離され不安」を持ちながらつきあってるので、
本気で結婚に進むという感じではないのです。
そして友達も気の許せる友達とは言えず、どこかう疑ってしまう関係でした。。

「相手が望んでくれるなら、それでいい。。我慢します。」

「さみしい・不安を我慢するくらいなら、、、」

「だれかから愛される価値はない。。」

「自分は愛することは難しい。。」

「相手に愛を与えることは難しい。。」

「もちろん大切に扱ってもらうことは難しい。。」

でしたから、、コレって愛着障害からくるものなんです。
ここをセラピーを行いビリーフ(思い込み)を書き換えました。



自分のことも、有りのままに認めることができ
相手にゆだねる人生ではなく、自分で選択していく人生。
これこそ、自分らしくあることに納得して
生きてる証拠ですね。

こうして新たな第二の人生を歩み始める方を
自分も共感し応援出来ることに幸せを感じます。

あなたは、第二の人生始めるなら
どんな人生でいきましょうか!!
応援します♪ 
 
マインドクリエーター桂生子♪
今日もお読みいただきありがとうございます。
 

育った環境・生い立ちは、
人生脚本に大きく影響します。

過去の出来事、もちろん両親を変えることはできません。
しかし、あなたの心の中に刷り込まれている経験の質は変えられます。

・頑張りすぎて忙しすぎて、でもやめられない
・人の評価、人からどう見られているかが気になるあなた
・甘えるのは難しいと信じているあなた
・NOが言えなくて、嫌でも引き受けてしまうあなた
・人から感謝されたいと願うあなた
・自分の気持ちを言えない。
・人を信じられない。
 などなど

身体中にブロックして溜めこんでいる怒りや悲しみを
はずしてもっと楽になりましょう。

幼少時にできたリミッティング・ビリーフをより良いものに
書換えするお手伝いをしています↓
「マインドクリエーター桂生子の個人セッション」
 
セラピストと気軽にお話しませんか?無料
お問合せ・予約フォーム
posted by: マインドクリエーター桂生子 | ビリーフチェンジ | 21:27 | comments(0) | - |